紫外線予防対策 TOP紫外線予防対策 >紫外線が多い時期はどう対策する?

紫外線が多い時期はどう対策する?

紫外線が多い時期というのは、5月から9月ごろです。6月ごろにはすでに夏場と同じ量の紫外線が発生していますから、本格的に暑くなる前にしっかりと紫外線対策は行いましょう。紫外線対策で日焼け止めを塗ると思いますが、美容のためにはこまめに塗りなおしが必要です。どうしても汗で流れ落ちてしまう量が、紫外線が多い時期には起こりやすくなります。

できれば、3時間に1回ぐらいは塗り直せるといいですね。たまに、SPFが50でPA+++だから、と一日中塗り直さないままでいいと勘違いする人もいるのですが、それは間違いです。効果が高い日焼け止めを一日中塗ったままよりも、効果が少し弱めの日焼け止めをこまめに塗りなおす方が紫外線カットの効果があると思います。

日焼け止めを肌に塗るときは、適度な量を塗りましょう。多すぎると白残りする可能性もありますし、少なすぎると紫外線が防げないと思います。顔なら、1円玉の大きさで2回ぐらい出すと適量です。
顔の場合は特に、鼻や頬、おでこなど日に焼けやすい箇所がいくつかあります。メイクをしている最中はなかなかこまめに塗りなおせないため、顔の日焼け止めを放置してしまう、というのはいいことではありません。メイクの上から出来る日焼け止めや、元々ファンデーションにUVカット効果があるものを選んで使ってください。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 紫外線予防対策 All Rights Reserved.