紫外線予防対策 TOP紫外線予防対策 >日焼け止めの塗り方

日焼け止めの塗り方

美容のために紫外線に当たらないように気をつけてはいても、ついつい塗り忘れがあったり、こまめに塗りなおせないままの部分が日焼けしてしまう可能性もあります。しみやしわも紫外線が原因でできるといいます。後から後悔しないためにも、日焼け対策は万全にしておきましょう。

今回は日焼け止めの塗り方についてご説明していきます。
腕や足は、均等に伸ばしていきます。気をつけたいのは、服で覆われている部分の日焼け止めです。服で覆っているから日に焼けないと思うものですが、実は服を通して紫外線が肌に届いている可能性もあります。服にもよるのですが、素材が目のつまったものを使用している場合はそれほど心配することもないのですが、薄手で透けやすいものだったり、目が粗い素材だと要注意です。夏はそのような素材の服をよく着ると思いますので、服を着ていても紫外線対策がしっかりできていないこともあるのです。基本的には服の下も気になる部分には塗っておいたほうがいいでしょう。

続いて顔の場合、顔は凹凸が激しく、塗り方も気をつけなくてはなりません。スキンケアを済ませた後に日焼け止めを塗ることになりますが、化粧下地は塗る前に必ず日焼け止めをしましょう。日焼け止めで白くなった場合は、化粧下地で肌色を調整してくださいね。

顔の場合はメイクをしてしまうとなかなか塗りなおしをしない人は多いですが、メイクの上からでも日焼け止めを塗りなおすことも紫外線から守る上で必要です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 紫外線予防対策 All Rights Reserved.