紫外線予防対策 TOP紫外線予防対策 >活性酸素が肌を荒れさせる

活性酸素が肌を荒れさせる

紫外線は、皮膚のダメージだけではありません。体内で活性酸素の働きを活発にさせてしまいます。
活性酸素が体内で発生してしまうと、コラーゲンを壊してしまったり、シミやニキビの元となります。
活性酸素は肥満やストレスなども原因といわれています。

外からの日焼け止めに頼りながらも、内側から被害を受けないようにしっかりとしなくてはなりません。体内で発生する活性酸素をやっつけるには、ビタミンCをたくさん摂取しましょう。抗酸化物質と呼ばれるものです。ビタミンCは黒のメラミンを無色にすることが可能なのです。

食事で摂取する場合には、緑黄色野菜を中心にご飯を食べてください。他にもビタミンBやコエンザイムQ10なども含まれます。果物や海藻、魚などです。サプリメントなどに頼るという方法もありますが、やはり一番いいのは食事で摂取するということです。

活性酸素は老化の原因にもなりますから、抗酸化成分はしっかりと摂取しなくてはなりませんね。ちょっとだけならいいや、と思って当たってしまった紫外線、長年のものが積み重なって、ある日しみやしわになってしまうこともあります。悲しいお肌にならないように若いうちから美容のためのケアをしていきましょうね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 紫外線予防対策 All Rights Reserved.