紫外線予防対策 TOP紫外線予防対策 >紫外線が強い時期の日焼け止め

紫外線が強い時期の日焼け止め

紫外線が強い夏は紫外線対策をしている人は多いのですが、紫外線が弱まってくると気を抜きがちです。しかし、1年中紫外線は人間の肌にダメージを与えます。紫外線が少ないからとケアしていないと、知らない間に肌ダメージが進行してしまいますので、要注意です。また、地域差もあります。住んでいる地域によって紫外線の強さは異なりますので、自分の住んでいる場所の紫外線の量を知ることからはじめてみてください。

特に春の紫外線対策はしっかり行ってくださいね。あまり紫外線がない冬に、皮膚は気を緩めてしまいます。そのため、急に紫外線が強くなると皮膚が対応しきれません。急に強い紫外線を受けた肌は、強い日差しの夏よりもダメージを受けている可能性がありますから、春の紫外線は気をつけてください。紫外線への対策は、肌が衰える前からはじめるのが正解です。気づかないまま肌の老化が始まると、取り返しがつかなくなります。

また、時間によっても紫外線量は変わります。午前10時から午後14時ぐらいまでが一番強い時間帯です。
炎天下の中で過ごす場合は熱中症なども心配なので、できるだけ外出を控えるなど対策をしなくてはなりません。

一度日焼けするとダメージはそのまま皮膚に蓄積されていきますので、美容のためにもこれから増やさないようにしていきたいですね。

    一押しWEBインフォメーション

  • 北摂最大級の創作ものを豊富に取り揃えている大阪で振袖を探しているなら、目利きのできる元職人が品質の良い振袖や帯を直接選りすぐり、一般市場価格の三分の一から半分程度で購入することが出来ます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 紫外線予防対策 All Rights Reserved.